読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trial and Error /清水喜文ブログ

「問い」を発信するブログです。

誰がために、名言は在る

 

【富は無限?】

 

 「競争心はあなたの富に限界をもたらします。空気がなくなってしまうことのないように、宇宙の無限の富もなくなることはありません。何も奪うことなく、欲するすべてが手に入ることを知りなさい」

これは、アメリカの自己啓発作家ジョセフ・マーフィー(宗教者、著述家 / 1898~1981年)の言葉。

 

この言葉をシンプルにして、「富は無限にあるのだから、欲すればすべてが手に入る」と、「金を引き寄せる」系の方々が、好んでよく使う。

富を資源や財産と捉えると、混乱します。

いや、有限だろう、と。

大地も、水も、森林も、米も、野菜も、家畜も、魚も、空気も……。

人類が重力に捕らわれている間は、地球にあるものだけで終わりです。

人が行う奉仕も、そして、お金すらも同様です。

 

思考は現実になる、と信じているマーフィーは、「それ位の気持ちで生きなさい」と言いたかっただけだと思うのです。

だから醜く奪い合うな、と。

  

「人生最高の幸福は富でも名誉でもありません。自分のしたいことを見つけ、取り組むことです。人はそれを『生きがい』と呼んでいます」

 同じマーフィーの名言でも、これは有名ではないですよね。

 

 

【時は金なり?】

 

 「時は金なり」

そう言ったのは、アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリン(米国の政治家 / 1706~1790 )です。

 

「時は人間が消費しうるもっとも価値のあるものなり」

これは、古代ギリシアのテオフラストス(哲学者、博物学者、植物学者 / 紀元前371~287)の言葉。

 

「あなたが持っている最大の資源は時間なのです」

そして、カナダ出身の自己啓発作家ブライアン・トレーシー(作家、講演家 / 1944~)。

  

二人が「時が最も価値がある」と述べているのに対し、フランクリンは「時は金そのもの」としています。

そして、ほとんどの者は、フランクリンの言葉しか知らない。

ましてや、米国の歌手 レオタイン・プライス (ソプラノ歌手 / 1927~)が言った次の名言も知らない。

「究極の成功とは、自分のしたいことをする時間を自分に与える贅沢である」

 

 

【強者生存?】

 

 「適者生存」

チャールズ・ダーウィン (英国の自然科学者 / 1809年~1882年)

 

これは、「適者=強者」とされ、強い者が生き残ると置き換えられる。

この世は、「弱肉強食」なのだ、と。

 

「強い者が生き延びたのではない。変化に適応したものが生き延びたのだ」

これも同じダーウィンの言葉。

 

現代の生物学では「適者」ではなく、「運の良い者」が生き残るという考え方もあり、それは 「運者生存」と呼ばれています。

 

この「運者生存」を支持するビジネス成功者なんて、見た事ないですよね。

 

 

 【そういえば…】

 

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ 

 

なんて名言もありましたね。

 

 

「日本の4社がクラスター爆弾製造企業に投融資」の記事を読んで

 

「非人道兵器」と呼ばれるクラスター爆弾を製造する企業に対して、投融資を行っている世界各国の金融機関をNGO(非政府組織)団体が発表しました。

日本の金融機関では、三菱UFJフィナンシャル・グループ三井住友フィナンシャルグループオリックス、第一生命がリストに挙がっています。

 

headlines.yahoo.co.jp

  

クラスター爆弾

 

1発の親爆弾の中に、数千個の子爆弾を収納して、投下。

親爆弾が空中で爆発すると、子爆弾が広い範囲にばらまかれます。

子爆弾は硬いもの(戦車や建物、地面)に当たると爆発しますが、やわらかい畑や沼地などに落ちると不発のままになり残ってしまいます。

不発のままの子爆弾は、多くの場合、地面や草原に転がったままに。

その正体に気づかない子供たちが、拾い集めたり、おもちゃにしたり、蹴飛ばしたりすることもあるのです。

 

f:id:yoshifumi3:20170524083050j:plain

http://www.prema.co.jp/raos/cluster01.html

 

 

f:id:yoshifumi3:20170524085346j:plain

 http://kikuchiyumi.blogspot.jp/2008_05_01_archive.html

 

 

「第二の地雷」と呼ばれるクラスター爆弾の被害者は、「死傷者は5万人を超え、その内の9割が民間人」なのだそうです。

 

2008年、クラスター爆弾ノルウェーオスロで、その使用や保有、製造を全面的に禁止する条約が結ばれました。

 

「戦争への加担となる投融資が条約締約国の日本で行われないよう、日本政府にも取り組みを呼びかけたい」

調査を担当したマイッケ・ベネシュ氏は、そう訴えます。

 

 

【投資と融資】

 

 投資の歴史は古く、ヨーロッパの「大航海時代」(15世紀~17世紀)にまでさかのぼります。

各国との貿易が盛んで、「航海に成功すれば、貿易で大もうけ」の時代です。

もちろんリスクもあります。

海賊に積荷を奪われたり、嵐などの自然の猛威によって船が沈んだりする可能性もありました。

「航海に失敗すれば、大損」なのです。

 

 そこで、リスクを分担するために、出資を募ることにしました。

成功したらもうけを分け合い、失敗したら損失を負担し合うことにしたのです。

これが、投資の始まり。

 

投資は、売買の差額で利益を生む仕組みです。

株価が安い時に買って、株価が高い時に売るのですが、どの企業の株を買うかは、その企業の将来性を予測して選びます。

 

融資は、資金を融通すること。

つまりお金を必要な者に貸すことです。

これも投資と同様に、相手の将来性 (利息をつけて返ってくる見込みはあるか) をみて行います。

 

「この企業は、この先、多くの利益を出すだろう」

「この業種は、これから伸びるだろう」

で、決定されるのです。

 

 

【何を見た?】

 

さて、上に挙げた日本の4社は、クラスター爆弾を製造する企業に、その将来性に、何を見たのでしょう。

 

 

追記。

 関係ないけれど、金融機関のCMって、心温まるものが多いのはなぜなのでしょうね。